採血、末梢静脈路(ルート)確保をする前に準備するべき9つの道具


1、手袋

感染リスクがあるため、必ず使い捨てのゴム手袋を持っていきましょう。慣れないうちは血管を触っている感触が、ゴム手袋によってわかりにくくなってしまいますが、必ず着けましょう。

少し小さめの手袋の方が、指先まで密着するため血管を触れている感触が伝わりやすく、失敗しにくいはずです。

2、駆血帯

焦っていると忘れがちなのがコレ。

息巻いて針を刺すも、イマイチ逆血が来なくて実は駆血するのを忘れていた…なんて事にもなりかねません。

3、アルコール綿

アルコール綿禁の患者さんの場合は、アルコール綿ではなく他の消毒方法を選択しましょう。

4、針

逆止弁付きの物かどうかを確認して持っていきましょう。逆止弁がついていない場合、針を刺した後に外筒の先端をおさえないと、流血してしまいます。

5、点滴

ボトルに輸液ルートをつなぎ、エアを抜いた状態でクランプしておきましょう。

ルートが取れたあとにエアを抜くのは大変です。

6、固定グッズ

多くは針周囲のプラスチック部分と皮膚の間の保護材(通称で「まくら」と言う施設が多い)、テガダームのような全体の固定材、それとテープ、この3つで構成されているようです。

小児の場合、固定具としてシーネを用いる事があるため、それも忘れないようにしましょう。

7、(失敗した時、もしくは刺し替える場合の)止血用絆創膏

1回で入れば素晴らしいですが、人間なので失敗する事もあります。そんな時、針を抜いて別の場所で刺す方針は固まったけど、止血用の絆創膏を忘れてしまっては手が離せません。

これがおそらく最も忘れがちなアイテムです。

また、何らかの理由でルートの刺し替えを行う場合、古いルートを抜針した際にも必要です。

8、(困難が予想される時の)加温グッズ

ルーチンで持っていく必要はありませんが、なんとなくルートが取りにくそうな患者さんである場合、最初から持って行って加温した状態で行いましょう。

9、採血管

ついでに採血も行う場合は、採血管を忘れないようにしましょう。

くれぐれも、準備が不十分だったという理由だけで、もう1回正中で翼状針採血…なんて事にはならないようにしましょう。