ルート確保の注意点

【禁忌部位】ルート確保時の神経損傷、合併症を防ぐための注意点【避ける部位】

更新日:

ルート確保時、偶然とはいえ走行している神経を針先で損傷してしまい、知覚異常が長期にわたって出現してしまうケースが存在します。

治れば良いのですが、中には永久的に残ってしまうものもあり、裁判で看護師が負けた判例も多数存在します。

そんな神経損傷のリスクを少しでも減らし、また早期発見するためにはどうしたらいいでしょうか?

スポンサーリンク

 

ルート確保時の神経損傷リスク大!橈側皮静脈は避けよう

ついつい前腕の手首周辺の、親指側(橈側)の静脈、狙ってしまいますよね。

なんたって血管が皮膚に近くて太く、いかにも取りやすそう。

しかし、ここは神経が周辺に走行しており、明らかにリスクが高い部位なので、なるべく避けるようにしましょう。

個人的には、手首から10cm以内の血管はどんなに良い血管であっても、避けるようにしています

なぜならば、過去の裁判で「手首から10〜12cm以内の血管を刺した」のが過失になり損害賠償を認める判決が出ているからです。賠償額は5000〜6000万円です。

手首から10cm以内は刺さない。これでいきましょう。

https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/529233/

 

患者さんに確認する事で合併症を未然に防ぐ

穿刺した時に、電気が走るようなピリッとした激痛が無かったか、を確認します。

学術的に言えば、神経を直接損傷した事による電撃痛があったかどうか、を確かめます。

また、針を抜いて留置したのち、痛みが変わらず継続しているかどうかも確認します。

穿刺による痛みの場合は、穿刺が終わればすぐにおさまりますが、神経損傷そのものの場合は疼痛が継続します。

これらを確認する事で、発見が遅れる確率を少しでも減らせるでしょう。

-ルート確保の注意点

Copyright© ルート確保.com , 2019 All Rights Reserved.