ルート確保手技・知識の紹介サイト。管理人は医師。看護師の恋愛、仕事に関する情報も。

ルート確保.com

ルート確保テクニック

小児のルート確保時に注意したい5つのコツ

更新日:

小児の点滴は小児科のドクターにお任せ、と言いたいところですが、実際そうはいきません。

救急外来を始め小児の点滴ルートを取らなければならない場面に遭遇することは、医療関係者であれば誰もがあると思います。

そんな苦手意識を持っている人が多いであろう小児ルートの、コツを5つにまとめました。

スポンサーリンク

 

1、駆血し過ぎない

大人と比べて血圧が低いため、無理に駆血し過ぎないようにしましょう。

具体的には、動脈圧を超えずに静脈だけ潰せるような圧力が、抹消うっ滞を引き起こし血管拡張を引き起こすためベストです。

もし適切な駆血帯がなければ、介助者が手で駆血するのもアリです。

特に起きていて暴れてしまうような小児の場合、四肢を抑えるついでに手で駆血してしまえば一石二鳥です。

 

2、触れる血管は諦めて見える血管を狙う

小児特に新生児〜乳児の場合、脂肪が多く、血管が触れにくい事が多くあります。

大人の場合は「見える血管より触れる血管」ですが、触れる血管は諦めて、「触れなくてもせめて見える血管」を狙いましょう。

もし血管が見えない場合、SpO2を測定する赤い光を手のひら側から手の甲側に向かって当てて、小児の手を透かして血管を見つけましょう。

大抵は親指と人差し指の間、人差し指と中指の間あたりにうっすら血管が見える事が多いです。

それでも見つからない場合は、もうブラインドでその辺りを刺すしかありません。

 

3、取れた後スムーズに動けるように準備する

小児は暴れるのですぐ固定まで行わないと、せっかく入っても抜けてしまいます。

見切り発車でルートを取るのでは無く、きちんと人手を集めて、入ったあとの処理をスムーズに行えるようにしておきましょう。

点滴をつなぐ準備をしておくのはもちろんですが、抑える人、固定する人、固定する道具など、様々な準備があります。

場合によってはついでに採血もして欲しい、何てこともあるかもしれません。

小児の場合はルート確保そのものが、小児にとっても医療者にとっても共にストレスフルな作業です。

なるべく回数を減らしてあげた方が良いので、採血の有無も確認するようにしましょう。

 

4、針を立てすぎない

小児の血管は動脈硬化がなく、血管内腔も血液で満たされており壁も柔らかいため、血管が逃げることはあまりありません。

そのため針を立てる必要はありません。

むしろ体が小さいため、血管そのものが大人と比べて小さく、物理的には細いため貫通してしまう可能性があります。

なるべく針先を寝かせて、大人よりもストロークを小さめにするよう意識しましょう。

そうしないとすぐ貫通して、皮下出血を起こしてしまいます。

 

5、逆血が来て針を進ませ過ぎない

血管が大人より細いので、物理的には大人よりも貫きやすいため、逆血が来たらかなり針を寝かせて、ほぼ水平なくらいにして、ほんの少しだけ外筒を進めるようにしましょう。

スムーズに入らなければ貫通している可能性が高いので少し全体を手前に引いて、ポタポタ血が出てくる(=内筒は血管内にある)ようならばほんの少し外筒を進めます。

うまくいくまでこれを繰り返します。

ある程度手前に引いても血がポタポタ出てこなくなったら、内筒すら血管から抜けてしまった事になる(=手前に引き過ぎた)ので、諦めてやり直します。

この場合は多くの場合、血管壁の手前の壁は少なくとも貫いている(だから血液逆流があった)ので、多少腫れてきて皮下出血により周辺血管はかなり見にくくなります。

もしその血管しか取れそうな血管がない場合、針を抜く前に血管の走行を確認、記憶しておくようにしましょう。

1度針を抜いて、皮下出血が広がった状態になってしまえば、周囲の血管走行を肉眼で確認することは不可能になってしまいます。

ですから、失敗したことを認めてもう1度刺し直す場合、いきなり針を抜かずに血管走行を確認、もう視覚情報がなくても血管走行がわかるようにしておけば、同じ血管を刺す時に成功率が高まります。

 

最後に

小児のルート確保では、外筒を留置する前に、必ず内筒=金属部分の血液逆流がある事を確認する、とにかくこれを怠らないようにしてください。

大人でもこの手技を行うことは成功率を高める必要なコツですが、特に小児の場合取れる血管が少ないのと、ルート確保時間を短く、回数も少なくしてあげたいので、大人よりもさらに重要です。

 

-ルート確保テクニック

Copyright© ルート確保.com , 2018 All Rights Reserved.