外筒?内筒?今さらきけない留置針の構造


末梢静脈路(ルート)確保にあたって、留置する針の構造を先に理解しましょう。1回覚えてしまえば、それほど複雑ではないので忘れる事はないはずです。

まず、パッと見ると上記図のようになっています。

この針先のカットされている部分、「横」から見たときに斜めのラインになっている部分を「ベベル」と呼びます。エコーなどで位置を確認しながら針を入れる時、エコー輝度が高く見えるのはこの「ベベル」部分です。

そして最も先端にある「ベベル」を含む、金属部分を内筒(ないとう)と呼びます。

まずはこれで血管をブスッと刺します。血管内に入れば逆血が来るはずです。

そして、先端には存在せず途中からあらわれるビニールの部分を外筒(がいとう)と呼びます。最終的にはこれだけを留置し、金属部分の内筒(ないとう)は血管から抜いてしまいます。

 

大体説明を受けるときには、「まずは内筒の先端だけ血管内に入れて、血液の逆流を確認、確認したら少し角度を寝かせて少しだけ針全体を進めて、外筒だけ血管内に留置して終わり」みたいな説明を受けると思います。

この時、外筒内筒というと覚えにくいので、外筒=ビニール、残しておく部分、内筒=金属、最終的には取り除く部分、と覚えておくと忘れないでしょう。