「 ルート確保.com 編集部の記事 」 一覧

ヒモ彼氏を養っている看護師は明日にでも別れるべき

2018/06/04   -看護師の恋愛

僕の周りの看護師さんで、彼氏がヒモという人が結構います。 彼女達は彼氏にお金を貸したりして、たまに呼び出されて家に行っては性欲の捌け口にされ、いいように使われています。 そういう看護師さん達は、優しく ...

彼氏ができない、恋愛できない看護師に共通している9の特徴

2018/06/02   -看護師の恋愛

病院で数年働いていると 見た目も悪くないし、話してて良い感じの人なのに、なぜか彼氏がいない そんな看護師さんが一定数存在する事に気がつきました。 女性として魅力的で、とても良い女性達だとは思うのですが ...

彼氏のいない看護師が多い10の理由

2018/06/02   -看護師の恋愛

看護師と言えば 白衣の天使 世話好きが多そう 合コンでモテそう というイメージの人もいると思います。 白衣の天使、世話好きが多い、この辺りの真偽は置いておいて、なんとなくモテそうなイメージの看護師さん ...

ルート確保を得意に!上手い人の技術、コツとポイント

ルート(末梢静脈路)確保をする際に、最もありがちな失敗が「点滴が落ちない」です。 内筒の逆血はあったのに、なぜ? これはつまり、内筒で血管は貫いたものの、外筒がうまく血管内に留置できなかったことを意味 ...

点滴ルート確保時、初心者にありがちな失敗パターン5選

なかなかうまく点滴が入らない、ルート確保ができない、という新人さんが失敗してしまうパターンや、ありがちな失敗を並べてみました。 おそらく初心者の失敗は、以下の5つのどれかに該当すると思われます。 &n ...

no image

点滴ルート確保時、1度内筒を抜いたら再度内筒だけを進めてはいけない

逆血が来た!と思って内筒を少し抜いたら、逆血が来なくなってしまった。おそらく手前すぎて、血管内に入っていなかったのだろう。 針(内筒)を入れ直してもう少し進めて、血管内に留置できたら抜いてこよう。 な ...

見えない血管でルート確保を成功するたった1つのコツ

肥満患者であったり、肥満とは言わずとも女性でやや皮下脂肪が多く血管が触れなかったりする場合、どこをどう刺すべきが迷いますね。 そんな時は、ゆっくり針を進めるようにしましょう。   針が血管に ...

点滴の針の太さと色の関係

点滴の針の太さは、その目的によって使い分けられます。 実際の医療に於いて、太さと色の関係を覚えておくことは迅速な対応に必要になってきます。 色と太さの関係は、以下のようになっています。 24G 黄色 ...

【禁忌部位】ルート確保時の神経損傷、合併症を防ぐための注意点【避ける部位】

ルート確保時、偶然とはいえ走行している神経を針先で損傷してしまい、知覚異常が長期にわたって出現してしまうケースが存在します。 治れば良いのですが、中には永久的に残ってしまうものもあり、裁判で看護師が負 ...

駆血を外すタイミングは?ルート確保と採血を同時にする際の手順

ルート確保と同時に採血をしろとか、駆血をいつ外すとか、慣れないうちはなかなか大変ですよね。 1度やっても、次やる時までになかなか覚えていられないという。 まずはルート確保そのものの手順からいきましょう ...

小児のルート確保時に注意したい5つのコツ

小児の点滴は小児科のドクターにお任せ、と言いたいところですが、実際そうはいきません。 救急外来を始め小児の点滴ルートを取らなければならない場面に遭遇することは、医療関係者であれば誰もがあると思います。 ...

輸血をする時の針の太さは?20ゲージ以上推奨の理由

 輸血用のルートは20G以上でお願いします。 なんてルールが、あなたのいる病院ではありませんか? これにはきちんとした理由があります。   1、針が太いと時間あたりの流量が多いから これが最 ...

no image

逆血が来て、針を180°回転させる事で血管を貫きにくくする方法

血管にあたり、内筒が内腔に無事入る事で逆血が確認できた後、少し針を寝かせて進めますが、その時どうしてもやってしまいがちなのが、血管を貫いてしまう事です。 こうして逆血が来ても、   進め過ぎ ...

蛇行、逃げる、細い、硬い…老人のルート確保のコツ【角度に注意】

いきなりですが、老人つまり高齢者の方のルート確保って、やはり難しいですよね。 僕も慣れるまでは大変でした。 慣れてからは、むしろ高齢者の方の方が血管壁が浮き上がっていて見やすいので、個人的にはやりやす ...

外筒?内筒?今さらきけない留置針の構造

末梢静脈路(ルート)確保にあたって、留置する針の構造を先に理解しましょう。 1回覚えてしまえば、それほど複雑ではないので忘れる事はないはずです。 まず、パッと見ると上記図のようになっています。 この針 ...

【先当たり?】ルート確保後に点滴が落ちない…3つの可能性とその対処法

血管を選び終わり、無事逆血も来て、いざ内筒を抜いて外筒のみ血管内に留置…したはずなのに、点滴が落ちない、という時はあります。 今回はその時何が起きているのか、いくつかの可能性とその対処法です。 &nb ...

脱水、ショック、血管が細い…ルート確保時に血管が出ない時の対処法

1、腕を下げて重力を使って血液を集める 例えば上肢で採血、ルートを取る場合、手をだらんと垂らします。重力の手助けを得て、静脈のうっ滞を引き起こします。 そうする事で、静脈血がうっ滞し、静脈が怒張、血管 ...

【血管分岐部】ルート確保における第一選択となる部位は?

採血や抹消静脈路(ルート)確保をするにあたって、まず成功率を高めるポイントになるのが、血管選びです。 断言できます。 ルート確保の成功率は、まさにこの段階、どの血管をターゲットにするかでほぼ決まってし ...

採血、点滴ルート確保前に確認しておくべき5つのポイント

1、アルコール綿でアレルギーが出ないか 基本中の基本ですね。慣れてくると毎回言うのが面倒になってしまいがちですが、キチンと確認しておきたいところです。   2、シャントが無いか シャントがあ ...

ルート確保をするための必要物品、準備するべき9つの道具

ルート確保をするための必要物品、準備するべき9つの道具 ルート確保をすると決まった時、まずしなければならないのは必要物品の確認。準備です。 焦ってはいけません。 緊急事態ほど焦ってしまいがちですが、そ ...

Copyright© ルート確保.com , 2019 All Rights Reserved.